実際利用する場合の費用や方法は

>

探偵だからできること

捜査は状況によって大きく異なります。

現在では尾行や張り込みは最終的手段とも言われています。
昔と大きく違うのは現在では情報収集ができるという事です。
所謂データー調査です。
情報の詳細は依頼主の提供からも多いですが、通信会社が仲介している場合もあります。
そういった方法で個人の情報を入手して捜査の短縮化をしている会社も間違いなく存在してます。
また、ローラー作戦で徹底的に足取りを追う方法もあります。
アドバイザーがまず家族や知人からきちんと話を聞いて、状況を把握してから、遺書などがある場合は所謂自殺願望のある人が行きやすい場所を捜索します。
浮気調査が多いと言われる探偵業ですが、人探しに長けている会社もあるのです。
仕事に悩みを抱えた中年男性や、人生に迷いが出ている大学生、徘徊老人と失踪者は多種多様です。

情報収集の手段

オーソドックスな聞き込み捜査があります。
警察も聞き込みは実際やりますね。
探偵も身分を明かして近所に聞き込みなどもするようですが、浮気調査ではこれは使わないようです。
尾行は車や徒歩以外バイクなども使い対象者に気づかれないよう細心の注意を払います。
車の中での張り込みもよくテレビなどで観ますが実際行います。
ですので浮気調査などで費用がかかっても最低2人体制が必要となるのですね。
また所在調査などでは現代はやはりデーター収集が主な様です。
車のナンバーから身元を割り出すなど、住民基本台帳というものがあり、以前よりは閲覧条件が厳しくなりましたが、目的を明確にすれば、正規の届け出をしてある探偵の人探しなどでは見ることができますが、但し一部の写しの閲覧に限られているようです。
そういった様々な手段で手に入れた情報のデーターベースが各探偵会社にはあるようです。


この記事をシェアする