実際利用する場合の費用や方法は

>

知らなかった探偵業の詳細を知ろう

やはり浮気

やはりと言うか探偵依頼の上位は「浮気調査」のようですね。
素行調査の名目にも浮気が含まれていると考えると内容の実に80%は占めるのではないでしょうか。
この場合は単なる安心ではなく後の離婚裁判などで財産分与に関して有利に働く絶対的証拠が必要であるからと考えられます。
その他では、素行調査。
これは浮気に関わらず、信用調査であったりあします。
また家出人などの行方が分からない人を見つけてほしいと言う依頼があります。
警察に頼むという事を考えると思いますが実際事件性があるかわからない単なる家出の場合は警察は動いてくれません。
10代の思春期の案件が多いと思われがちですが、成人男性が仕事の悩みを抱え最悪自殺に発展する場合もありますから深刻です。

近年多い失踪者

失踪者は単なる家出など本人がと意思を持ったものばかりではありません。
徘徊老人の場合もあります。
徘徊老人の行動がきっかけで大きな事故に繋がり、家族が損害賠償の裁判命令を出されたケースもあります。
警察が動くのは遺書がある場合や、事件的に繋がる何らの証拠がある場合です。
他は幼児であったり、病気の場合と条件が限られています。
家族としては心配で昼も夜も眠れない日々を過ごしたとしても力になってくれる人はいませんから、やはりプロの探偵にということになるでしょう。
実際あてずっぽうに捜査はできませんね。
プロであれば経験からその捜査のノウハウがあるわけですから、力になって貰えると考えます。
捜査方法は失踪者が自殺の恐れがある場合と、そうでない場合では違います。
探偵会社によって、本格的な特捜査課を立ち上げたところもあるようです。


この記事をシェアする